読んでみませんか?

No.157

 子育てや家事の合い間などの気分転換に読んでみませんか?すべて図書館で所蔵している本です。電話での予約も受け付けています。お気軽にお問合せください。
写真:本表紙 『ストレスの脳科学』 田中 正敏

・ストレスに脳はどう変化するのか。さまざまなストレス状況を設定し、最新の神経化学的方法でストレス時の脳の変化を測定した動物実験を紹介。ストレスから心と体を守るヒントを探る。『臨牀と研究』連載に加筆し書籍化。
写真:本表紙 『みそ汁はおかずです』 瀬尾 幸子

・切る、煮る、みそを溶く。ワザ・コツ不要。誰でも作れて、野菜がたくさん食べられる。みそ汁をこよなく愛する瀬尾さんが、おなじみの食材で作るみそ汁レシピを紹介する。
写真:本表紙 『だから、居場所が欲しかった。』 水谷 竹秀

・遠く離れたバンコクの高層ビルで、一斉に電話を受ける日本人たちがいる。非正規労働者、借金苦、風俗にハマる女、LGBTの男女。生きづらい日本を離れ、行き着いた先は…。『kotoba』連載を加筆・修正。
写真:本表紙 『わたしの好きな煮込み料理』 ワタナベ マキ

・スパイスで味に深みをもたせたり、ごはんやパスタ、パンと合わせたり、チーズをのせて焼いたり。少し手を加えるだけで何度でも楽しめる、肉、魚介、野菜を使ったシンプルな煮込み料理のレシピを、アレンジ法とともに紹介する。
写真:本表紙 『ホッとする和のイラスト』 鮎 裕

・心が明るくなる、やわらかい色の「和のイラスト」の描き方を、初心者にもわかりやすく紹介。雀と桜、紫陽花とかたつむり、野ぶどうなど、四季の15作例で、描き順、使用色、ポイントをていねいに解説する。
写真:本表紙 『残念和食にもワケがある』 岩村 暢子

・「白いご飯は味がないから苦手」「煮物は家ではつくらない」…。400人以上の主婦へのアンケート、1万5000枚以上の食卓写真をもとに、家庭の和食の驚くべき変化、さらに日本人の価値観や家族の変容を描き出す。
写真:本表紙 『気にしない。』 森本 稀哲

・病気でスキンヘッドになってしまい、人目を怖がるふさぎこみがちな子どもが野球と出会い…。コスプレパフォーマンスや粘り強いプレースタイルが人気だった元プロ野球選手が、どんな時でもポジティブでいられるヒントを綴る。
写真:本表紙 『365日のクッキー』 高石 紀子

・ベリーのクッキー、レモンのクッキー、ナッツのクッキー…。9つの基本の生地とそのアレンジなど、合わせて74のレシピを、季節ごとに紹介します。やさしい甘さと軽やかな食感のクッキーレシピ集。
写真:本表紙 『それって、必要?』 筆子

・より充実した暮らしを実現するために、いらない習慣や考え方を捨ててみませんか? 自分にとって「大切なこと」に気づく1週間レッスン。物の捨て方、家事、生活習慣、人間関係などについての新しい行動や考え方を紹介します。
写真:本表紙 『まんがでわかる自律神経の整え方』 一色 美穂

・あらゆる不調を引き起こす自律神経の乱れ。自律神経を整えると、人生が変わります。乱れた自律神経を今すぐ整える方法や、自律神経が整う夜・朝の過ごし方など、日常でできる改善法をまんがで紹介します。
写真:本表紙 『落ちない汚れをラクに落とす掃除術』 茂木 和哉

・汚れの種類を見極めて、洗剤の力を最大限に利用し、苦労せずに確実に汚れを落とす、それが茂木流・汚れ落とし術。一般家庭にありがちな汚れを中心に、茂木流を駆使して最大限にラクしながらきれいにする方法を紹介。
写真:本表紙 『雑穀をおいしく食べる』 田中 雅子

・もち麦、アマランサス、たかきび、キヌア、ひえといった雑穀と料理の相性、栄養素、下ごしらえや保存法を詳しく解説。手間いらずの一品料理やアレンジ料理、季節料理などレシピも紹介する。