あたらしい児童書

No.208

 本が見あたらないときは、予約もできますので係の人に聞いてください。新しい本はほかにもあります。小初は1・2年、小中は3・4年、小上は5・6年を目安にしてください。
写真:児童書表紙 『かいけつゾロリ ロボット大さくせん』 さく・え/原 ゆたか

・宇宙に取り残された新婚カップルを救うため、ゾロリとイシシ、ノシシがロボットに乗り込んだ。でもそれは3人のおならをシンクロさせないと動かなくて…!? 切り取れる新聞、見返しに貼って使える新聞ポケットつき。 (小初)
写真:児童書表紙 『へんなともだちマンホーくん マンホーくんとあやしいえんそく』 村上 しいこ/作

・りょうたのクラスは「山の上フラワーパーク」へバス遠足。マンホーくんやゴリヤマくん、ほのかちゃんたちと、思いっきり遊ぼうと思っていたけど、突然あやしい声がして…。マンホールまめちしき付き。見返しにイラストあり。 (小初)
写真:児童書表紙 『ちゃめひめさまとおしろのおばけ』 たかどの ほうこ/作

・いたずらなちゃめひめさまは、みんなを驚かそうと大張り切り。夜のお城には、怖いことと楽しいことがいっぱいで…。ちょっとドキドキ、そして、幸せな気持ちになる、「ちゃめひめさま」シリーズ第3弾。 (小初)
写真:児童書表紙 『俳句ガール』 堀 直子

・小学4年生のつむぎは、おばあちゃんが通うケアハウスで俳句にであう。ある日の放課後、だれもいない教室の黒板に俳句を書き残すと、次の日…。俳句のたのしさを知った少女のハッピーな成長ものがたり。 (小中)
写真:児童書表紙 『らくだい記者と白雪のドレス』 あんびる やすこ

・ファッション記者なのに、オシャレは時間のむだだという魔女ジュルナがリフォーム支店にやってきました。編集長から、「ファッション記者らしくみえる服にお直ししてもらいなさい」と言われてきたらしいのですが…。(小中)
写真:児童書表紙 『工場長のひみつのおひるね』 みずの よしえ/作

・町の大通りから少し離れた小高い場所に、小さな風つくり工場があります。そこで働く小さな黒ねこのノロロはおひるねが大好き。じつは、工場長もこっそりおひるねをしているらしいのですが…。さまざまな味わいの3話を収録。 (小中)
写真:児童書表紙 『さらわれたオレオマーガリン王子』 作/マーク・トウェイン

・マーク・トウェインが娘たちに語り聞かせた未完のストーリーから生まれた物語。「行くのも言うのも困難国」に暮らすジョニーは、老婆から種をもらう。種から咲いた花を食べたジョニーは動物たちの言葉が分かるようになり…。(小中)
写真:児童書表紙 『べんりってほんとうにいいこと?』 原作/古沢 良太

・「べんりは、らくでさいこう!」と言っていたQくん。でも反対に「べんりになってよくないこと」について考えると、よくないところも見えてきて…。NHK Eテレ「Q〜こどものための哲学」を書籍化。(小中)
写真:児童書表紙 『カーリング女子』 田中 充/編

・平昌冬季オリンピックで、日本代表のLS北見のメンバーたちは、日本カーリング史上初の銅メダルを獲得した。長く苦しい戦いを励まし合って乗り越えてきた、5人の女子アスリートたちの足跡を描く感動のノンフィクション。 (小中)
写真:児童書表紙 『ガムじいさん、ドロボウはいけないよ!』 アンディ・スタントン

・億万長者の“しょうがパン”から、お金がぎっしりつまったビスケットの缶を奪ったガムじいさんと肉屋のビリー。勇敢な女の子ポリーは取り返そうと二人を追うことに! (小中)
写真:児童書表紙 『ルイジンニョ少年』 かどの えいこ/文

・ポルトガル語を教えてくれたルイジンニョ少年、多様な人々との生き生きした交流…。1959年に自費移民としてブラジルに渡航し、2年間滞在した経験を、みずみずしい筆致で描く。書き下ろしエッセイも収録。(小中、小上)
写真:児童書表紙 『少女は森からやってきた』 小手鞠 るい

・両親の離婚によってアメリカの小学校から転校してきたエリカ。殻にとじこもって、友だちなんていないし欲しいとも思わなかった美幸は、宇宙人のようなエリカと出会って…。(小中、小上)
写真:児童書表紙 『君型迷宮図』 久米 絵美里

・記憶を失い、見知らぬ人間たちの中で目覚めたぼく。なんとここは世界の記憶が集まる迷宮だという。そこで出会った彼らの正体は…。前代未聞のファンタジー。『朝日小学生新聞』連載に加筆修正し再構成。(小中、小上)
写真:児童書表紙 『魔法使いマーリンの犬』 エリック・カーン・ゲイル/作

・偉大な魔法使いマーリンに拾われた犬のハナキキ。ある夜、謎の集団に襲われて、マーリンと弟子のモルガナが行方不明に。魔法を使えるハナキキは、愛する家族を取りもどすために立ちあがり…。 (小上)
写真:児童書表紙 『つくられた心』 佐藤 まどか

・新設のモデル校では、イジメ防止のアンドロイドが1クラスに1体配置されている。やがてクラス内でアンドロイド探しが始まり…。近未来の東京を舞台に、AIと人間が共存する社会を描く。 (小上、中)