あたらしい絵本

あたらしい絵本 No.354

 本が見あたらないときは、予約もできますので係の人に聞いてください。新しい本はほかにもあります。幼は幼児、小初は1・2年を目安にしてください。
写真:絵本表紙 『ばあ』 作・絵/ザ・キャビンカンパニー

・ぐるぐる模様の穴あきページをめくると、ばあ! しましま模様の穴あきページをめくると、ばあ! 水玉模様の穴あきページをめくると…。はっきりした色で、あかちゃんが喜ぶ「ないないばあ」のしかけ絵本。(幼0〜2歳)
写真:絵本表紙 『あさくさかな』 作/加藤 休ミ

・隅田川をのぼってきた船から飛び出したのは、18尾のお魚たち。まず雷門で記念撮影したら、待ちに待った、浅草観光のはじまりはじまり−。大迫力のクレヨン画で描く、めくるめく魚類観光エンターテインメント絵本。(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『おばけのジョージーこまどりをたすける』 ロバート・ブライト/さく

・ホイッティカーさんの家の屋根裏に住んでいるやさしいおばけのジョージー。ある春の日、こまどりが細い木の枝に巣を作り、卵を産んだのを見かけました。もし巣が落ちたら、ホイッティカーさんの帽子で受け止めようと考え…。 (幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『おもちさんがね・・』 とよた かずひこ/さく・え

・3人のおもちさんが、よいしょ、よいしょと火鉢に掛かった梯子を登っていきます。ぽかぽか暖かい網の上に、ごろんと横になったおもちさんたちは、いい色になって…。ごはんの時間が楽しくなるおいしい絵本。見返しに奥付あり。 (幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『しちふくじんのかみかみレストラン』 え/すがの やすのり

・やわらかい食べ物が大好きなやわちゃんは、よくかむことの大切さ・すばらしさを伝えたい七福神たちと出会う。招待された“かみかみレストラン”で、やわちゃんはかみごたえのある食べ物を、かんで味わうことの楽しさを知り…。(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『ジムのおなかがなりました』 絵/チャック・グルーンインク

・ある朝、起きたらライオンになっていたジム。ママが焼いてくれたパンケーキよりも、ママを食べたくて…!? ジムのとんでもない一日を描いた、奇想天外なストーリーの絵本。(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『おしょうがつのかみさま』 おくはら ゆめ

・お正月の神さまは、毎年毎年、姿を変えてやってくる。動物たちは、おうちをきれいに掃除して、しめ飾り、門松を飾って、お正月の神さまを呼びます。神さまは、どんな姿でやってくるのでしょうか…。 (幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『なんと!ようひんてん』 作/石川 基子

・ふしぎな商品がたくさんある、新装開店の洋品店へ行った男の子とおじいちゃん。試着室へ案内されるが、そこは洞窟のような場所になっていて…。「なんと!ようひんてんのうた」の歌詞と楽譜あり。(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『せかいのくにでおめでとう!』 作・絵/野村 たかあき

・新しい年のはじめの日。ぼくはおじいちゃんたちと初詣。ほかの国のこどもたちは、どんなお正月をすごしているのかな…? 世界14か国のお正月行事がたのしくわかる絵本。 (幼0〜5歳、小初)
写真:絵本表紙 『はたらくくるまたちのクリスマス』 絵/AG・フォード

・今年最後の大仕事をクリスマスまでに仕上げようと、工事現場で休まずはたらくくるまたち。クリスマス・イブの夜、帰り道でプレゼントを見つけ…。乗り物が大好きな子どもたちに贈る、クリスマス&「おやすみなさい」の絵本。(幼3〜5歳)
写真:絵本表紙 『おしょうがつバス』 作・絵/藤本 ともひこ

・大晦日の夜。十二支の動物たちは、だれが一番先に初日の出をみるか、眺めのいい丘まで競争します。除夜の鐘の「ごーん」という音がすると、みんないっせいに出発しました。出遅れたバスとねずみたちもあわてて出発し…。(幼3〜5歳)
写真:絵本表紙 『みんなのおすし』 作/はらぺこめがね

・へい、らっしゃい! うちのおすしは、みんなのおすし。ちょっと変わったお客さんにも、ぴったりのおすしを握りますよ−。おなかを空かせたお客が集まる、不思議なすし屋のお話。ワイドページあり。(幼3〜5歳)
写真:絵本表紙 『父さんがかえる日まで』 モーリス・センダック/さく

・船乗りの父さんが航海に出たあと、母さんはその帰りを待ちわびるだけ。姉のアイダが、赤ん坊の妹の子守りをしなければなりません。ところが、妹がゴブリンにさらわれてしまい、アイダは妹の救出に向かうのですが…。(幼3〜5歳)
写真:絵本表紙 『ししにゃいとおしょうがつ』 作・絵/澤野 秋文

・お正月に突然やってきた、謎の生き物「ししにゃい」。ぼくと家族は一緒におせちを食べたり、お正月あそびをするが…。お正月の物語を楽しみつつ、福笑い、迷路、探し絵などであそべる絵本。『おはなしワンダー』掲載を書籍化。(幼3〜5歳)
写真:絵本表紙 『たまたまたまご』 絵/北村 裕花

・森の中に突然現れた、とんでもなく大きいたまご。一体だれのたまごなの? ゴリラ、ワニ、ダチョウが一生懸命考えていると、森一番の物知りのゾウが「これは恐竜のたまご」と言いました。すると、たまごがかえって…。(幼3〜5歳、小初)