あたらしい絵本

あたらしい絵本 No.351

 本が見あたらないときは、予約もできますので係の人に聞いてください。新しい本はほかにもあります。幼は幼児、小初は1・2年を目安にしてください。
写真:絵本表紙 『かべのすきま』 絵/澤野 秋文

・今夜は、ぼくひとり。かべから出てる糸みたいなものをひっぱったら、かべにすきまができちゃった。ぼくがいもむしみたいにふとんにくるまっていると、かべのすきまからニョキッとあしがあらわれ…。(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『なんでもモッテルさん』 アヤ井 アキコ/絵

・モッテルさん一家はお金持ち。美術品、宝石、おもちゃなど、なんでも買って、なんでも持っています。ところがある日、大嵐がやってきて…。「お金で買えない大切なもの」とは? 深くあたたかい絵本。(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『ながーい5ふんみじかい5ふん』 オリヴィエ・タレック/絵

・順番待ちの5分は長いけど、絶叫マシンの5分は一瞬。感じる時間の長さは、時計の時間と全然違う! 5分は長い? 短い? 時間のおもしろさにふれる絵本。(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『たいこ』 樋勝 朋巳/ぶん・え

・ひとりがたいこを叩いていると、「仲間に入れて」と人数が増えて、やがて大騒ぎに。たいこの音が「トンポコペタボン」から「トントンポコポコペタペタボーン」になると…。リズミカルで楽しく盛り上がる絵本。(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『リュックをしょって』 作/村上 康成

・モリオとお父さんは、カッパ山の頂上をめざして山登り。でこぼこ道を歩いていくと、いろいろな生き物がいたり、まつぼっくりや葉っぱが落ちていたりします…。リュックをしょって出かけたくなる絵本。(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『アンパンマンともぐりん』 作・絵/やなせ たかし

・アンパンマン号が走っていると、地面が急にふくれあがりました。地面の下に何かがいるようです。「ガガガーッ!」と地面の下から現れたのは、地底戦車のもぐりんでした。もぐりんは、アンパンマンにおそいかかり…。(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『ねこのオーランドーよるのおでかけ』 キャスリーン・ヘイル/さく

・子ねこたちを連れてサーカスを見に出かけた、ねこのオーランドー。楽団の近くに座ったオーランドーはドラムの音に驚いて飛び上がった拍子に、サーカスの舞台へ。そこでさまざまな芸を見せることになり…。(幼0〜5歳、小初)
写真:絵本表紙 『くいしんぼうのサンタクロース』 絵/中川 貴雄

・食欲の秋。山に出かけていったサンタさんは、豊かな山の幸に大喜び。ところが道に迷って、お家に帰れなくなってしまい…。サンタさんとトナカイのルドルフのかけあいが楽しい、ワイドページ付きのしかけ絵本。(幼0〜5歳、小初)
写真:絵本表紙 『しろくまきょうだいのケーキやさん』 serico/え

・ポールとノエルのしろくま兄弟がケーキ屋さんを開きます。兄のポールが作るオーダーケーキは、お客さんにぴったりの、アイディアが光るおいしそうなものばかりで…。『kodomoe』ふろくの原稿をもとに書籍化。(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『だれでもおんど』 作・絵/サトウ マサノリ

・夕暮れの森で、生き物たちが太鼓に合わせて踊っています。地中での暮らしを終え、仲間に会えた喜びを歌うセミ。大雨が降らないように祈るミミズ…。生命の喜びにあふれた、歌って踊れる絵本。「だれでもおんど」の楽譜も掲載。(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『「へてかへねかめ」おふろでね』 絵/ましま せつこ

・夕ごはんのとき、家族にその日のできごとを話すそうた。今日は大好きなじいちゃんとおふろに入ります。「へてかへねかめ…」は、昔からある言葉。じいちゃんとおふろで3回となえたら、体も心もぽっかぽか!(幼3〜5歳)
写真:絵本表紙 『まちがいまちにようこそ』 及川 賢治/え

・今日はお引っこし。これから、「まちがいまち」ってところで暮らすんだ。町には“あなばたけ”があったり、人々が“へいたいでんわ”を使っていたりして…。あたらしい、ことばあそび絵本。 (幼3〜5歳、小初)
写真:絵本表紙 『おおゆき』 加藤 休ミ/絵

・ゆうきとだいきは雪国に住んでいます。今年もたくさんの雪が降りました。大みそかの朝、ゆうきたちの家の前の国道で、多くの車が動けなくなっていました。ゆうきたちも町の人たちも、困っている人たちを助けはじめ…。(幼3〜5歳)
写真:絵本表紙 『おかしなおきゃくさま』 作/ペク・ヒナ

・ある雨の日、ぼくがお姉ちゃんと留守番をしていたら、とつぜん、おかしなお客さまがやってきた。お客さまの気分は、変わりやすい天気のようにころころと変わり、大騒ぎに…。韓国の人気No.1絵本作家によるゆかいな絵本。(幼3〜5歳)
写真:絵本表紙 『ナイチンゲール』 カンタン・グレバン/絵

・夜うぐいすとも呼ばれるナイチンゲール。はじめてその美しい歌声をきいた皇帝は涙をながします。ところが人々は、宝石のきらめく作り物の鳥に夢中になり…。珠玉のアンデルセン童話をやわらかい色彩とやさしい語り口で描く。(幼3〜5歳、小初)