あたらしい絵本

あたらしい絵本 No.346

 本が見あたらないときは、予約もできますので係の人に聞いてください。新しい本はほかにもあります。幼は幼児、小初は1・2年を目安にしてください。
写真:絵本表紙 『あるあるいるいるようかいえほん』 いちよんご/作絵

・子どもがトイレを流さない、はみがき嫌い、食べない、起きない…。それはすべて妖怪のしわざかも!? 「子育てあるある」を楽しく描いた妖怪絵本。ジャケットそでに切り取り式の「ようかい」付き。(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『ふみきりかんかんくん』 武田 美穂/絵

・ふみきりのかんかんくんには、シャーとダンキーというふたごの妹がいて…。月刊幼児誌『げんき』の連載から生まれた、幼児が大好きな「踏切」が主人公の絵本。5話の小さなお話を収録する。(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『カルメラのねがい』 クリスチャン・ロビンソン/絵

・カルメラは今日がお誕生日。7歳になったから、お兄ちゃんと一緒に町に出かけられます。早足でずんずん進むお兄ちゃんについて行くと、コインランドリーの前でタンポポを見つけました。綿毛を吹こうとするとお兄ちゃんは…。(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『かわにくまがおっこちた』 レウィン・ファム/絵

・むかしむかし、あるところに川が一本ながれていました。でも、川は自分が川だということを知りませんでした。川にくまが落っこちるまでは…。ゆっくり始まり、どんどん加速していく川下り冒険絵本。(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『このほんよんでくれ!』 ミカエル・ドゥリュリュー/絵

・ベンチで父親が娘に絵本を読むのを聞いていたオオカミ。続きが知りたくて、偶然手に入れた絵本を読もうとしますが、オオカミは字が読めません。そこで、森の動物に読んでくれるよう頼みますが、みんなオオカミを恐れて…。(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『あやしいぶたのたね』 作/佐々木 マキ

・走るのが遅くて、一度もぶたを捕まえたことがないおおかみは、ある日、きつねはかせから、ひとつの茶色い粒をもらった。それは、はかせの発明した「ぶたのたね」だというのだが…。「ぶたのたね」シリーズ第4弾。(幼0〜5歳、小初)
写真:絵本表紙 『あっちがわ』 作・絵/イシズ マサシ

・一番怖いのは、想像力かもしれない−。きのうとおなじかえりみち、しらないばしょにでてしまう。きのうとおなじおともだち、どうしてしらないこがいるの…。「かげ」「フランスにんぎょう」など、15の恐怖を描く。 (幼0〜5歳、小初)
写真:絵本表紙 『スノーウィとウッディ』 ロジャー・デュボアザン/さく

・北極で暮らすシロクマのスノーウィは、かもめのキティに話を聞き、ヒグマのウッディがすむという緑豊かな国に泳いで渡りました。出会った2匹は初めはけんかをしますが、助け合ったことで仲良しに。でも冬眠の季節がきて…。(幼0〜5歳、小初)
写真:絵本表紙 『ようかいむらのわくわくなつやすみ』 作・絵/たかい よしかず

・ようかいむらの学校にも、なつやすみがやってきました。かっぱのかわたろうと、ぬりかべのかべどんは、海水浴に行くことに。しかし、重たいかべどんは、海に入ったとたん、しずんでしまい…。(幼0〜5歳、小初)
写真:絵本表紙 『トリケラトプスとゴルゴサウルス きけんなてきとたたかうまき』 黒川 みつひろ/作・絵

・森でかくれんぼをしていたトリケラトプスのこども、ミニホーンたち。そこへ恐ろしい肉食恐竜ゴルゴサウルスが現れた。弟のナノホーンから引き離そうとミニホーンは…。楽しい恐竜絵本。ジャケットそでにめいろあり。(幼0〜5歳、小初)
写真:絵本表紙 『人形の家にすんでいたネズミの一家のおるすばん』 エミリー・サットン/絵

・伯爵の大きなお屋敷の中にある人形の家に、ネズミの一家が暮らしていました。ある日、伯爵が旅行に出かけると、留守をあずかった秘書がなにやら悪だくみを始め…。「人形の家にすんでいたネズミ一家のおはなし」の姉妹編。(幼3〜5歳)
写真:絵本表紙 『てつだってあげるねママ!』 フレヤ・ブラックウッド/え

・今夜はパパの誕生日パーティーで、ママは朝から準備で大忙し。だから、ハティもがんばってお手伝いしています。でも、お昼寝の時間になって…。ママとおしゃまな娘のやりとりに心がほっこりする、楽しい絵本。 (幼3〜5歳)
写真:絵本表紙 『ゴリラさんだめです』 キューライス/さく・え

・うさぎのうさやまさんが畑を耕していると、こわそうなゴリラがやってきました。「ゴリラさん、畑に入ったらだめですよ」と言ったけど、ゴリラは畑に入ってきて、うさやまさんの大切なにんじんを2本もとってしまい…。 (幼3〜5歳)
写真:絵本表紙 『ガンピーさんのサイ』 ジョン・バーニンガム/作

・ガンピーさんがアフリカで会ったのは、親をなくしたサイの子ども。そこでガンピーさんは…。いつもあたたかいまなざしで子どもや動物たちを見つめ続けた、ジョン・バーニンガムの最後の作品。(幼3〜5歳)
写真:絵本表紙 『じゃない!』 チョーヒカル/作

・きゅうりだと思ったら、中身はバナナ。みかんだと思ったら、中身はトマト。固定観念をくつがえす、奇想天外なたべものの数々…。アーティスト・チョーヒカルが贈る、チョー不思議なたべもの絵本。 (幼3〜5歳)