あたらしい絵本

あたらしい絵本 No.337

 本が見あたらないときは、予約もできますので係の人に聞いてください。新しい本はほかにもあります。幼は幼児、小初は1・2年を目安にしてください。
写真:絵本表紙 『むれ』 ひろた あきら/さく

・いろんな「むれ」の中に、ひとりだけへんてこな仲間がいます。ひつじのむれ、とりのむれ、とうめいにんげんのむれ? ひと味違った絵探し遊びができる、子ども参加型の楽しい絵本。 (幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『ちゅんたろうのしょうがっこうたんけん』 田島 かおり

・学校ってどんなところ? 小学校にやってきた、すずめのちゅんたろう。授業、給食、昼休み、図書室、音楽室…。ちゅんたろうといっしょに、学校の中を探検してみよう! ちゅんたろうを見つけながら楽しむ、探し絵絵本。 (幼3〜5歳)
写真:絵本表紙 『サンドイッチぎゅーっ』 ひがし ちから

・ゆき先生が大好きな、はるくん。でもなかなか「ぎゅーってして!」と言えません。すると先生がサンドイッチのパンになり、具に変身した子どもたちを抱きしめて…。楽しいごっこ遊びで抱きしめられる幸福感を描いた絵本。 (幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『ももももてんしのかぞえうた』 え/みなみ くうくう

・10人のももてんしさんとあそぼう! いち、に、さん、し、ももてんし。いちいち、いっぽぽ、ももてんし。ぽぽぽんぽんぽん、ぽんぽこぽーん! 心はずむ言葉と色彩豊かな絵で、笑顔あふれる絵本。 (幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『にちようびのぼうけん!』 はた こうしろう

・ぼくのところに「公園につくまで、ぜったいにだれにもみつかってはいけない」と書かれた、なぞの手紙が届いた。なにこれ? おもしろそう! ぼくはおにいちゃんといっしょに、冒険に出発し…。 (幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『しょくぱんちゃん6しまい』 ささき みお/作・絵

・色白でふわふわな、食パンちゃん6姉妹。たまにはおしゃれをしてみたくなって…。何かないかな? 冷蔵庫を探してみよう! 食パンたちが大変身する、楽しくておいしい絵本。(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『やましたくんはしゃべらない』 中田 いくみ/絵

・となりの席の山下くんは、1年生の頃から6年生の今まで、ひと言もしゃべったことがない。声をきいた友達は、だれひとりいない。山下くんは、決してしゃべらない−。著者・山下賢二の子供時代のエピソードを描いた絵本。 (幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『パンダかぞえたいそう』 いりやま さとし

・1は、いちごのたいそう。2は、にわとりのたいそう。3は、サンタのたいそう…。1から10まで順番に、パンダがからだを動かしながら、いろんなものになりきります。子どもたちに人気の「パンダたいそう」の絵本。 (幼0〜2歳)
写真:絵本表紙 『ビーバのそらのたび』 作/マグナス・ウェイトマン

・ビーバーのビーバと冒険家のアキタが、いろんな生き物の家をさがして、気球でぐるりと世界一周! 建築家である絵本作家が、ビーバーからシロアリ、ニワシドリまで、13種類の生き物たちの家を描く。 (幼3〜5歳)
写真:絵本表紙 『かみそりぎつね』 いもと ようこ/文・絵

・ある村に、いたずら好きなきつねたちがすんでいました。村人たちをだまして、頭をつるつるに剃ってしまうのです。村の中でたった一人、だまされていない若者が、きつね退治に出かけますが…。思わず笑ってしまう、楽しいお話。 (幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『メイがはじめてがっこうへいくひ』 ケイト・エアビー/ぶん・え

・今日はメイがはじめて学校へ行く日。いろいろなことが心配で学校へ行きたくないメイとロージーが木の上でお話をしていると、いろいろなことが心配で学校へ行きたくないパール先生も木に登ってきて…。 (幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『たんぽぽふうたろうと7ふしぎ』 くりはら たかし

・さすらいの旅人、たんぽぽふうたろうは、ねずみのチューじろうと旅をしています。ある日たどりついたのは、もののけがはら。そこには、なんともおそろしい妖怪たちが待ち受けていて…。 (幼3〜5歳、小初)
写真:絵本表紙 『チコちゃんに叱られる』 オオシカ ケンイチ/絵

・永遠の5歳・チコちゃんが、あの「なぜ」を知った日は…。NHKTV「チコちゃんに叱られる」の構成作家とキャラクターデザインの著者2人が、チコちゃんのひみつを明かす。 (幼3〜5歳、小初)
写真:絵本表紙 『でんせつのじゃんけんバトル』 アダム・レックス/え

・裏庭王国のグリグリ、ママの書斎帝国のパーペ、キッチン共和国のチョッキンナ。最強の戦士たちがついに出会った! グリグリはチョッキンナに勝ったが、勝負を挑んできたパーペには負け、そのパーペもチョッキンナに負けて…。 (幼3〜5歳、小初)
写真:絵本表紙 『ねずみくんのおくりもの』 つちだ よしはる/文絵

・明日は大好きなねずみちゃんの誕生日。ねずみくんは、ねずみちゃんが喜ぶことをしてあげたいと思いましたが、得意なことが何もないと悩んでいて…。主人公のねずみくんに想いを託し、難病の男性が大切な人へ贈った童話。 (幼3〜5歳、小初)