あたらしい絵本

あたらしい絵本 No.334

 本が見あたらないときは、予約もできますので係の人に聞いてください。新しい本はほかにもあります。幼は幼児、小初は1・2年を目安にしてください。
写真:絵本表紙 『いろいろくにのいろいろさん』 かわにし よしと/作・絵

・真っ黒の黒い国で目立たなかった黒ねこさん。白い国にやってきて散歩していると、においで白ねずみさんを見つけた! 白ねずみさんはびっくりして緑の国へ…。保護色、隠蔽色をつながりのあるおはなしの中で取り上げた絵本。 (幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『ぼくくま』 accototo

・「まど」「どーなっつ」「つみき」…。しりとりが得意な、かわいい子どものくまが、日常生活のなかで、しりとりをしていく姿を描く。子どもへの読み聞かせにもぴったりな、楽しい絵本。 (幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『つばめこうくう』 もとやす けいじ

・つばめ航空のパイロットはつばめたち。背中に乗せて南の島へひとっとび! 空港や飛行機が細かく描かれた、読み応えのある絵本。見返しにもイラストあり。 (幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『くろねころびんちゃん ぷんすか』 さく・え/くろねこいしょう

・赤いベレー帽に、首の赤いリボンがトレードマークのくろねころびんちゃん。外は雨降りで、えさは食べたいものでなく、おもちゃは動かないし、ぷんすかぷんぷん…。ろびんちゃんの豊かな表情が楽しいシリーズ第2弾。 (幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『ぬにゅ〜ぽんぽん』 ちかつたけお

・ぬにゅ〜と、黄色い何かが出てきたよ。にょっ、にゅ…と這って、どこへ行くのかな? 「な」「ま」「ぱ」行から生まれる音と、かたちを変えながら動く不思議な生き物に子どもが夢中! 想像力をはぐくむ絵本。 (幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『はい たっち』 さく/からさわ ようすけ

・ねこちゃん、わんちゃん、ねずみくん、くまさんが「はいたっち」と、手を出してきます。たっちしてみると、どんな感じがするのでしょうか…? 親子でスキンシップしたくなる絵本。見返しに「手形」を押せる枠あり。(幼0〜2歳)
写真:絵本表紙 『ジャックとまめのき』 高畠 那生/絵

・め牛を豆つぶととりかえてしまったジャック。お母さんは怒って豆つぶを捨ててしまいます。しかし次の日の朝、庭には大きな豆の木が天までのびていました。ジャックは大喜びで豆の木を登っていきますが…。 (幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『おんせんたまご』 絵/河本 徹朗

・たまごたちが温泉に入って、ごしごしあらいっこ。お湯につかって、ぽっかぽか。すると、たまごのからがピキピキ割れてきました。ぱかっ!なかから出てきたのは?(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『おしえておしえてねむりかた』 クリストファー・ウェイアント/え

・明日は楽しみにしているヨットレース。でも、ケロケロは眠れません。もし眠れなかったら、明日、困ったことになるのに…。どうしたら眠れるの? 何かいいアイデアはない?ケロケロが話しかけてくる、読者参加型の絵本。(幼3〜5歳)
写真:絵本表紙 『まる』 松田 奈那子/作・絵

・まるい毛糸だまたちが、ころころころ。あつまる。つかまる。とまる。からまる。そして…。カラフルな毛糸だまたちがエネルギッシュに動きまわる、色鮮やかで、言葉のリズムが楽しい絵本。 (幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『あるくくま』 祖敷 大輔/絵

・ぼくはくまだ。なまえはまだない。ぼくは「どこか」をめざして、あるくのがすきだ。きょうもぼくはあるきだし…。お日さまやチョウチョ、柿の木など、こぐまと道で出会うさまざまなものとのやりとりが楽しいお話。 (幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『ぱんつさん』 たなか ひかる

・りんごぱんつさん、くまさんぱんつさん…。地面から、いろいろな「ぱんつさん」が現れた。あっちを向いて、ぐっぐっぐっ。こっちを向いて、ぐっぐっぐっ。並んで体操を始めるけれど−。ヘンテコすぎてクセになる、楽しい絵本。 (幼3〜5歳、小初)
写真:絵本表紙 『ジャックのどきどきモンスター』 作/サム・ズッパルディ

・ジャックはトランペットを吹くのが大好きな男の子。楽しみにしていた発表会の当日、ジャックの前にどきどきモンスターが現れて…。初めて不安に向き合う子どもの心情をやさしくていねいに描く。(幼3〜5歳、小初)
写真:絵本表紙 『かーたろうとこけしっぺ』 山田 美津子

・楽しくひとり暮らしをしている、カラスのカーたろうがある日出会ったのは、なんともかわいい、こけしの「こけしっぺ」。それから楽しいふたり暮らしが始まった、と思ったら…? 絵のみでお話が進んでいく、楽しい絵本。 (幼3〜5歳、小初)
写真:絵本表紙 『おしいれじいさん』 尾崎 玄一郎/作

・ある家のおしいれに、おしいれじいさんがこっそり住んでいます。じいさんは、夜になると起きだし遊びはじめます。つりざおを見つけたじいさんは、さっそく使ってみることに。ぴゅーんとふりおろすと、はりにかかったのは…。 (幼3〜5歳、小初)