あたらしい絵本

あたらしい絵本 No.291

 本が見あたらないときは、予約もできますので係の人に聞いてください。新しい本はほかにもあります。幼は幼児、小初は1・2年を目安にしてください。
写真:絵本表紙 『いろはにほほほ』 かどの えいこ

・いぬさんはおしゃれさん。ろうそくのおばさんロックンローラー。はがわらったははははは。にぼしのにいさんにんにくとにらめっこ-。「魔女の宅急便」の著者・角野栄子が作画まで手がけた初のことばあそび絵本。(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『とんねるをぬけると』 片山 健/さく・え

・子どもたちを乗せて、カタンカタンと電車が走ります。トンネルをくぐり抜けると、子どもたちが雪だるまに変身! またトンネルをくぐり抜けると…今度は何に変身するでしょうか?(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『ノラネコぐんだんあいうえお』 工藤 ノリコ

・「あ」しあと、「か」とりせんこう、「さ」かなつり…。ノラネコ軍団のにぎやかな絵を指さしながら、たくさんの言葉が覚えられる絵本。ひらがな&カタカナ表付き。ノラネコ軍団の魅力全開のシリーズ第5弾。(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『あわてんぼうウサギ』 絵/バーサンスレン・ボロルマー

・あわてんぼうのウサギが、大きな音を聞きつけて、「世界が壊れた」と思い込みます。森の動物たちは、大騒ぎ。そこにライオンが現れ…。子どもたちに生きるための知恵を伝える、おしゃかさまの前世の物語「ジャータカ」の絵本。(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『ちっちゃな木のおはなし』 ローレン・ロング/さく

・小さな森のちっちゃな木は、幸せでした。しげった葉っぱに守られて、夏もすずしかったから。秋になっても、ちっちゃな木は、葉っぱを手放すことができません。やがて…。何かを手放す勇気を伝える絵本。(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『なんにもできないおとうさん』 ひがし ちから

・みーちゃんは、今日、お父さんと公園に行く約束をしています。でも、お父さんはみーちゃんよりも早く起きられません…。色々なことができるようになる時期の女の子が、お父さんと比べながら、自分の成長を確かめていくお話。(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『みてみておかあさん』 みやにし あきこ/絵

・このごろちょっぴり淋しげな、みなちゃん。それは、おかあさんが、あかちゃんのお世話で毎日いそがしいから…。甘えたいのに甘えられない、おねえちゃんになった女の子の気持ちを柔らかな空気感で描いた絵本。(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『うまれるまえのおはなし』 えとぶん/ひだの かな代

・うまれるまえ、雲の上にいたの。神さまやお友だちもいっぱいいた。神さまは最初、わたしたちのたましいをつくるんだ。そして、うまれてからのことを一緒に考えてくれて…。子どもが覚えている“うまれるまえの世界”のお話。(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『あめがふるふる』 田島 征三

・雨の日のおるすばん、ネノくんとキフちゃんの兄妹が窓の外をながめていると、意外なものばかりが現れて…。自然と対話し創作を続ける著者が、雨の日の楽しさを描ききった笑顔いっぱいの絵本。(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『いたずらおおかみくん』 絵/国松 エリカ

・おおかみくんは、いたずらがだいすき。ともだちをこまらせようと、あれこれしかけますが…。ひねくれ者のおおかみくんの「きもち」が、ともだちとのふれあいの中で変化していく様子を描く、クスッと笑えるユーモア絵本。(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『チュウとチイのあおいやねのひみつきち』 たかお ゆうこ/さく

・町の公園の木の下に住む、のねずみのきょうだいチュウとチイは、山に住むおばあちゃんの家に遊びに行きました。ふたりは山に秘密基地を作ろうと、あちこちを見てまわります。林をぬけると、野原が一面に広がっていて…。(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『かさじおやぶんいっけんらくちゃく』 つちだ のぶこ/絵

・ここはおばけたちが楽しく暮らすおばけまち。まちの平和を守るのは、からかさおばけのかさじ親分。事件が起きたら、子分のわらぐつわらべえと駆けつける、かさじ親分の活躍する5つの話を収録。(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『ほうちょうさんききいっぱつ』 作絵/みやにし たつや

・台所の戸だなのなかにいる、ほうちょう、さいばし、おなべなどの道具たちは、カップめんやレトルトカレーがやってきてから、出番がなくなり…。インスタント食品と台所の道具たちの大騒動を描く。笑えるユーモア食育絵本。(幼0〜5歳、小初)
写真:絵本表紙 『うんどうかいがなんだ!』 大木 あきこ/え

・かけっこがビリだから運動会が嫌いなブブタン。ポンスケよりはやく走るために一生懸命練習をしましたが、転んでビリになってしまいました。くやしくて仕方のないブブタンは…。見返しにイラストあり。(幼0〜5歳)
写真:絵本表紙 『ええたまいっちょう!』 吉田 尚令/絵

・どろだらけのボールを拾った男の子。先生に怒られてむしゃくしゃしていたけれど、お父さんが教えてくれたことを思い出して、ボールを交番へ届けた。するとおまわりさんは…。信頼できる大人に出会った子どもの心の成長を描く。(幼0〜5歳、小初)