あたらしい絵本

あたらしい絵本 No.287

 本が見あたらないときは、予約もできますので係の人に聞いてください。新しい本はほかにもあります。幼は幼児、小初は1・2年を目安にしてください。
写真:絵本表紙 『やだやだパパやだ!』 はまの ゆか/絵

・きょうは、パパとふたりでおるすばん。パパはテレビばっかりみてて、いっしょに遊んでくれないから、やだなあって思っていたら…。パパと娘の、ちょっぴり不思議ですてきな1日。見返しにどんぶりプリンのレシピあり。(幼0~5歳)
写真:絵本表紙 『とのさま1ねんせい』 作・絵/長野 ヒデ子

・むかしむかし、遊ぶことの大好きなとのさまがいました。家来が「とのさま、もうすぐ1年生です。学校にいく用意をしてください」というと、「1年生になんか、なりたくない!」とにげてしまい…。読み聞かせにピッタリの絵本。(幼0~5歳)
写真:絵本表紙 『おならおばけ』 かとう まふみ

・おーくんが思いっきりおならをしたら、「ありがとうございまスゥ〜」と、おならおばけが出てきたよ! 「おならって、きたない?」「おならって、恥ずかしい?」そんな疑問に答える絵本。(幼0~5歳)
写真:絵本表紙 『いちばんのり』 おかい みほ

・ごはんむらは、毎朝元気に運動会。目玉焼きや急須、さんま、納豆、漬物、のりたちが、ゴールを目指して走りだします。いちばん乗りは…。ユーモラスな言葉あそびが楽しい絵本。(幼0~5歳)
写真:絵本表紙 『おたのしみじどうはんばいき』 宮知 和代

・「なにがでるかおたのしみ」と書かれた自動販売機。いったいなにがでるのかな。1のボタンを押してみると…。子どもの大好きな「自動販売機」と「ボタン」と「数字」を思う存分楽しめる、縦開きの言葉遊び絵本。(幼3~5歳)
写真:絵本表紙 『よるのようふくやさん』 寺島 ゆか/絵

・おしゃれなワンピースや、きれいなドレス、すてきなアクセサリーがそろっている、まちの洋服屋さん。ところが、夜になって店じまいすると、そのお店は真夜中にまた始まります。やってくるのは、変なお客さんばかりで…。(幼0~5歳)
写真:絵本表紙 『カァ~カァ~ドタバタ』 中村 陽子/作絵

・森で子守屋をはじめたおおかみ。やんちゃなこねこたちの面倒をみるのは、とっても大変。そこで、からすにお手伝いを頼むことにしたのですが…。「ぐーぐーぺこぺこ」に続く、おおかみとこねこの絵本、第2弾。(幼3~5歳)
写真:絵本表紙 『バベルの塔』 かすや 昌宏/絵

・むかし、王様が家来たちを呼んで、世界一高い塔をつくるように言いました。神様みたいになりたかったからです。塔は、雲よりも高くなっていきました。すると、とつぜん空が真っ暗になって、ものすごい稲光が…。(幼0~5歳)
写真:絵本表紙 『ワニのワッフルケーキやさん ワニッフル』 谷口 智則

・ここは、ワニのワッフルケーキ屋さん「ワニッフル」。好きな食べものをはさんで、ワッフルケーキにしてくれる。でも、つくり方は絶対、秘密なんだ。知りたくなった動物たちは…。ワニッフルのお菓子が楽しめる、おいしい絵本。(幼0~5歳)
写真:絵本表紙 『きょうりゅうどーん』 広瀬 克也

・ぐがーっ! どったんばったん、どったんばったん! 迫力のスケールで、アロサウルス、イグアノドン、ティラノサウルスら、たくさんの恐竜が登場する、ゆかいな絵本。擬音絵本としても恐竜図鑑としても楽しめます。(幼0~5歳)
写真:絵本表紙 『あたしときどきおひめさま』 あみなか いづる/え

・お花のかんむりをかぶったら、あたしはたちまち…お花畑のおひめさま! 鏡をじーっとのぞきこんでいたら、あたしはたちまち…鏡の部屋のおひめさま! 小さな女の子の夢みる世界をやさしく描く。見返しにも絵と文字あり。(幼0~5歳)
写真:絵本表紙 『くいしんぼうのクジラ』 谷口 智則

・おいらはクジラ。「いただきます」が大好きで、「ごちそうさま」は大きらい。海の魚を食べつくしたら、川の魚もいただきます-。ごちそうさまを言わずに食べまくる、大きなクジラのナンセンス絵本。(幼0~5歳)
写真:絵本表紙 『わたしは ねこ』 松田 奈那子

・わたしは、ねこ。人間の女の子・かなこと、遊ぶときも、お風呂に入るときも、眠るときもいっしょ。でも近頃、かなこは忙しそう…。女の子の成長を見守るねこの本当の気持ちを描いた絵本。(幼0~5歳)
写真:絵本表紙 『ケチャップれっしゃ』 ザ・キャビンカンパニー/作・絵

・けちゃけちゃけちゃけちゃ。ケチャップれっしゃが走っています。ケチャップがほしいのはどんな料理? ホットドッグにオムレツ、スパゲッティ! ぷぷぷぷぷっちゅ〜とケチャップをかけると…。(幼0~5歳)
写真:絵本表紙 『かわいがってくれるの、だあれ?』 キルメニー・ナイランド/さく

・ぼくたちは、かわいがってくれるだれかをさがしに出かけた。鳥には、ぼくたちの声が聞こえなかった。猫には、ぼくたちの姿が見えなかった。犬には、声も聞こえたし、姿も見えたのに、逃げてしまって…。(幼0~5歳、小初)