English page>>

简体中文>>

繁體中文>>

한글>>

公式Face Book>>

 

北海道紋別郡遠軽町
丸瀬布昆虫生態館
Maruseppu Insectarium
 

 

 

イベントのご案内

 

今後の予定(予告なく変わる場合があります)

 

7月16日〜18日:昆虫クラフトデー

          いつでも遊べるキッズコーナーの折り紙など、やってみたいけど難しくて…

          そんな声にこたえて、期間中はスタッフがお手伝いいたします。

                    クラフトデー限定の工作も用意しますよ。 

8月6日・7日  :まるせっぷ観光祭り

          SLが走るキャンプ場「いこいの森」をあげたお祭り!

          昆虫館では、丸瀬布昆虫同好会による「小枝クラフト」「昆虫クイズ」

          そして、年に2度しかない「夜間開館」も行います。

8月13日〜15日:カブト・クワガタふれあい体験(丸瀬布昆虫同好会)

9月17日〜19日:カブト・クワガタふれあい体験(丸瀬布昆虫同好会)

          9月17日はSL雨宮21号のお月見運行に合わせて夜間開館を行います

11月5日・6日 :昆虫飼育教室

          外国産カブト・クワガタの飼育方法を、体験しながら学べます。

          要予約・材料費

 

 

 

↑哀川翔さんのカブト・クワガタをお預かりして展示しています。

名付けて「アニキの森」(日刊スポーツさん命名)

ちょっとグレードアップしてレイアウト変更しました。

 

哀川翔さんから新しい展示物を頂きました!

昨年哀川翔さんが作出されたカブトムシのギネス個体!(実物です!)

とBE-KUWA誌の認定証です!

写真には3個体写っていますが、左がギネス個体、真ん中は(ほぼ)「雌雄型」

(よく見ると体の真ん中で右がオス、左がメスになっています)、

それと、右は性モザイク…ほぼメスなのですが、頭の角(左半分?)だけオス

というちょっと変わった個体たちです。

すべて哀川翔さんからいただきました。

いずれも一見の価値ありですので、ぜひ見にいらしてください。

 

 

 

 

 

最近の昆虫館(新着情報)last update: 2016.7.10

 

・愛護動物展示(カメですが)の展示再開。動物愛護法上の表示を加えました↓

・道東昆虫図鑑シリーズに「このあたりにいるアカトンボと見分け方」を追加しました(2015. 5. 6)

ペーパークラフトに「バランストンボ」を追加しました(2015. 5. 6)

丸瀬布の自然データベースもどき、一部しかできていませんがupしました(2014.3.10)。

伝承おもちゃ「ギーギーぜみ」用の雰囲気出し?エゾハルゼミの絵をアップしました。(2014.3.22)

オオゴマダラのペーパークラフトに簡易版を追加しました(2014.1.12)

・道東昆虫図鑑シリーズに道東マルハナバチ見分け方シートを追加(2013,5,12)。

・昆虫館って何がいるの?のリストにアニキの森を追加(2013.5.8)

・We prepare English page (above) (2012. 3. 3)

 

 

昆虫館って何がいるの?last up date: 2015.6.15

展示案内

Living insects (etc.) now you can see

 

アクセスマップ/利用案内

 

バックナンバー昆虫図鑑

Back numbers

 

リンク集

 

丸瀬布昆虫生態館の歴史

 

ペーパークラフトDownload OK!

 

道東昆虫図鑑シリーズ

マルハナバチ見分け方シートを加えたので、

セイヨウオオマルハナバチの駆除などにご利用ください。

 

←道内のカブトムシ情報はこちらまで! 

みんなで守ろう!ペットのモラル

↑外来(移入)種問題や

生物多様性についても考えましょう

ちょっとだけ最新情報を盛り込みました(2012.12.08)

 

愛護動物(カメです)を展示していますので、

動物愛護法上の表示をしておきます。↓

 

 


このホームページへの
↓ご意見・質問等はこちらへ

当ページにはpdfファイルを使った箇所があります

Adobe(R) Reader(R)

をお持ちでない方はこちらからどうぞ